人を知る

人を知る

インタビュー

山下やました
東京プラネット事業部
プレーヤー

<経歴>

2019年
入社

Q.現在の仕事内容を教えてください。

お昼休みと定時後に担当企業に伺い、お勤めされている方々に保険商品をご提案しています。午前中は、お昼に伺うお客さまへのアプローチ方法をトレーナーに相談したり、効率的にコンタクトをとるためのポイントを確認するなど、念入りに活動準備をします。入社3年目になり、顔なじみのお客さまも増えてきました。もっと私のことを覚えてもらえるように、私がしっかりとお客さまの名前と顔を覚え、気軽にお話ができる関係性を築いていけるように頑張りたいです。

Q.お仕事のむずかしさとやりがいはどこですか?

お客さま自身、加入している保障内容を理解していないケースが多くあります。私のお客さまは職業柄、保険に入っていらっしゃる方が多く、お話を伺うと「入っているから大丈夫」と安心されているご様子です。保険加入後もライフステージに合わせて、保障内容を見直していく必要があることを理解いただくことが難しいなと実感しています。
仕事のやりがいは、生命保険のご提案を重ねていくなかで、お客さまから「この内容が心配なんだよね」と、本音をお聞きすることができ、ご契約をいただけた時です。私のことを信頼してくださっているのだと、本当にうれしかったです。これからも「山下さんに聞いたら何でも教えてくれる」という存在になれるよう、知識を高めていきたいと思います。

Q.プラネットはどんな雰囲気ですか?

プラネットは、社員みんなが温かく、とても働きやすい環境です。明るくて面白い先輩がたくさんいて、いつでも相談に乗ってくれます。頼ったり相談したりすることが得意ではなく、最初の頃は自分で何とか頑張ろうとしていたのですが、頼ってもいいんだと思える環境があります。私にとって何よりも心強いのは、同期のメンバーの存在です。苦労も喜びも悩みも分かち合えて、同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間とともに成長していきたいです。

Q.入社前と入社後のギャップはありましたか?

入社前は、女性ばかりの職場でギスギスする部分もあるのかなと思っていました。ただ、企業セミナーや職場見学、面接などで色々な先輩とお会いすることが多く、とても温かい方々ばかりの印象でした。入社後もそのイメージは変わらず、先輩の存在が近くとても優しいです。気持ちが沈んでいる時は、「大丈夫?最近どう?」とチームを越えて声をかけてもらえます。

就活生へメッセージ

私は初対面の人と話すのが苦手で、話すより聞く方が得意でした。保険営業の仕事は、コミュニケーションが大切です。話のネタとして、学生時代にいろんな経験をしておくと役に立ちます。