人を知る

人を知る

インタビュー

佐藤さとう
東京プラネット事業部
プレーヤー

<経歴>

2020年
入社

働いている人たちがキラキラしていて、私もこんな会社で働きたいと思いました。

中学では陸上、高校ではサッカー部のマネージャーをしていたこともあり、大学時代は「スポーツ科学部」で学びました。就職活動は、大学3年の冬から合同企業説明会に3~4回通って、SPI の勉強をしたり秘書検定2級の資格を取ったりしながら、幅広い業界を検討しました。先輩から「働いている人を見て、自分がそうなりたいかどうかを考えることが大切だ」というアドバイスを受け、会社訪問時も社内の雰囲気や社員の方の人柄を見ることを心がけました。
いろいろな業界にチャレンジする中で、プラネットは、OG懇談会でお話しした社員の方々がみな温かく、またお子さんがいらっしゃる方も多くて、女性が働きやすい環境が整っているなと感じました。なにより、みなさんがとてもキラキラしていて、私もこんな会社で働きたいと思えたことが、一番の決め手になりました。保険会社としてのしっかりとした土台があるところにも安心感がありました。
私は根が人見知りなので、最初は不安もありました。でも、チームには「目標に向かってみんなで頑張ろう」という気風があり、教育体制がしっかりしているため、なんでも相談に乗ってもらえます。最初の頃は、言いたいことがお客さまにうまく伝えられなくて悩んだこともありましたが、同じ経験をしてきた先輩方のアドバイスを聞いて、次にどうすればいいかを一緒に考え、回を重ねるごとに慣れていきました。
今はお客さまのお話を聞くことが好きですし、担当の企業に毎日通い挨拶を続けることで、親しくお話できる方が増えたことが嬉しいです。お客さまに「ありがとう」と言われた時に、この仕事のやりがいを感じます。今後は、さらに新しい担当先で輪を広げていきたいです。「佐藤さんに相談してみよう」と言ってもらえるように、時間をかけて信頼関係を築いていきたいと思います。

就活生へメッセージ

営業職はいろいろな方とお話をするので、できるだけたくさんの人と関わって、知識の幅を広げておくのもいいかと思います。例えば、現在担当している消防署は若い方が多く、アニメの話題で話が広がったりします。
私は根が人見知りなので、知らない人に話をしに行くことができるのかなという不安がありました。でも、実際に仕事をしてみると、意外とできるものだなというのが実感です。お客さまの話を聞くことが好きですし、かしこまりすぎず、親しくお客さまと話ができるところが自分の強みかもしれません。お客さまにもいろいろな方がいらっしゃるので、きっと自分に心を開いてくださるお客さまに出会えると思います。