私の集計した数字や資料が
大樹生命の未来を
決める材料になる。

コーポレートスタッフ分野 エリア総合職
重藤 優理
Yuri Shigeto

本社 主計部 経理グループ
2018年入社 経済学部 卒

入社の決め手

就職活動にあたって自分の性格を自己分析した結果、物事をきちんと正確に処理していく仕事が向いていると感じ、金融業界を志望しました。その中でも、生命保険会社は仕事の幅が広く、さまざまな経験を積めることが魅力でした。大樹生命はインターンシップにも参加し、社員の方々が気さくに話しかけてくれたり、学生一人ひとりに向き合ってくれる姿が印象に残り、この会社に入社を決めました。

Career Path

入社1年目東京北支社 池袋営業部

営業の最前線で支社業務と営業部業務を担当しながら、経験豊富なベテランの営業職員から生命保険の仕事を学ぶ日々でした。

入社2年目東京北支社 大泉営業部

大泉営業部には新人の営業職員が多く、営業職員としての基礎を身につけられるような指導を心がけました。二つ目の営業部ということもあり、業務にも慣れてきて営業部の数字的な目標も意識しながら業務に取り組むことができたと思います。

入社3年目本社 主計部 経理グループ

主計部への異動が決まったときは驚きました。専門的なことは何もわからない状態からのスタート。業務の経験を積みながら、勉強を続ける毎日です。

いまの仕事について

迅速に、正確に取り組み、
大樹生命の未来を守る。

経理グループの主な役割は、大樹生命の決算業務を行うこと。決算とは、一定期間の企業の財務状況や、損益を明確にする業務のことで、企業の経営計画の遂行状況を把握し、将来に向けて改善点や工夫すべき点を検討、意思決定するために欠かせない業務です。大樹生命では、こうした社内での決算を毎月実施しており、さらに、四半期ごとには社外向けに決算情報をホームページに掲載し、大樹生命の「今」を世の中へ発信しています。ちなみに、私が決算業務の中で担当しているのは、「貸借対照表」や「損益計算書」という大樹生命の財務状況や経営成績を表す書類の作成です。会社のこれからを考えるには、「今」を正確に知ることが必要不可欠。数字や集計結果に間違いがあったり、誤解を招くような書き方があっては、誤った判断につながってしまうため、チェックを徹底して正しく集計し、正確かつ迅速に作成することを心がけています。また、資料によっては、どの情報を開示すべきかを選択する機会もあり、責任の重さを感じる業務と言えます。

この仕事の魅力

会社を多角的に捉える
視点を手に入れられた。

今までに四半期の決算を3回経験しました。最初の決算では自分の業務は一つでしたが、2回目、3回目と回を増すごとに担当する業務も増えていきました。チェックをお願いする先輩や上司のスケジュールを確認しながら、業務の優先順位を決め、段取りを組んでいく。想定通りに進まず、いくつもの業務が重なった時は目が回る忙しさですが、無事に決算が終わると自分にできることがまた一つ増えた感覚になり、達成感もひとしおです。また、大樹生命のホームページに、自分のまとめた資料が掲載され、営業の資料として活用される場面を目にすると、自分の仕事が誰かの役に立てていることを実感し、うれしい気持ちになります。すべての部署のお金の流れがわかるのは経理ならではの面白さ。会社全体の動きを知るというのは営業時代には得られなかった面白さです。ときどき営業部時代を振り返って「あのとき何も気にせずたくさんコピー用紙使ってしまっていたんだな」と反省することもあります(笑)。そう思うと、この部署に配属されてから、視野が一気に広がりました。この経験は今後、どの部署に異動しても活きてくると思います。

私のターニングポイント

主計部へ異動して、
新しい世界が見えた。

営業部からの人事異動そのものが、私にとって大きなターニングポイントです。それまでは、営業現場でお客さまの心を動かすにはどうすべきか、営業職員のモチベーションをどうしたら上げられるか、想像力を持って正解を探求する日々でした。しかし、主計部では、決算資料などはすべて法令や会計基準に沿って作成され、正しい計算と集計結果、誰が見ても誤解なく受け取られるような表現が求められます。あらゆる業務の根底には「法令や会計基準」があり、常に論理的に発信する力が必要になりました。また、この部署に異動になり、会社という組織の仕組みを改めて学び、経理という専門的な目線で組織や業務を見つめる機会も増えました。結果、自分自身の目の前に新しい世界がぐんと広がったように感じます。そのくらい、営業部から主計部への異動は仕事への意識や物事の考え方が変わる大きな出来事でした。

大樹生命で働く魅力

ジョブローテーションが、
自分の可能性に気づくきっかけに。

大樹生命には多種多様な部署があり、まだまだ私の知らない仕事もたくさんあります。ジョブローテーションの制度によってさまざまな仕事について知る機会があるのは、とても興味深いですね。ジョブローテーションでは、自分のスキルや適性を踏まえて配属先が決まります。私の場合、主計部への異動は意外でしたが、この異動をきっかけに視野が広がり、さらに数字と向き合うことの面白さにも気づきました。「もしかしたら、営業よりも向いているかもしれない」と思うくらいです。そう思うと、業務の幅を広げるチャンスがたくさんあり、若手のうちからたくさんのことにチャレンジしながら、自分の可能性を広げられるのは大樹生命の大きな魅力だと思います。現在の部署の業務を極めたいという気持ちはもちろんですが、これからも自分の経験を活かしながらいろんな部署の仕事に挑戦していきたいですね。

仕事で大切にしていること

相手の気持ちになって、
丁寧に伝えていく。

先ほどもお話したように、経理の仕事には「法令や会計基準」が根底にあり、正確さが重要視されます。ただ、私たち経理グループにとっては当たり前になっている専門的なことを、社内の人に説明したり、社会的な法律を、大樹生命にあてはめたらどんな判断がされるべきかを考えたりするのは、私たちの腕の見せ所だと思います。より伝わりやすいように、自分なりに噛み砕き、論理的に丁寧に伝えることはとても大切にしています。決算業務は回数を重ねるうちに慣れてきたように感じますが、だからこそ、向上心を忘れてはいけないとも思っています。仕事を流れ作業のようにこなすのではなく、自分の業務の先にある目的をしっかり意識し、取り組みたいですね。私の集計したデータを見て、本社・支社のあらゆる部署の人たちが、これからの方向性を考える。さらには、全国のお客さまが大樹生命という会社を判断するのです。どのような人がどういう見方をするのか。どのようなデータを求めているのか。そういった部分まで気を配り、主計部としての役割を果たしていきたいと思います。まだ、自分の中に伸びしろはたくさんあるはずです。さらに経験を積み、社内外のさまざまな期待に応えていきたいですね。