一件一件の判断の先に、
お客さまの
人生の喜びがある。

コーポレートサービス分野 総合職
髙井 啓佑
Keisuke Takai

本社 保険金部 保険金グループ
2017年入社 経済学部 卒

入社の決め手

「困っている人の力になりたい」という思いがあり、生命保険業界を中心に就職を考えていました。合同説明会ではさまざまな生命保険会社の方とお会いしましたが、とくに大樹生命で働く方々は温かく迎えてくださり、名前で呼んで話してくださるなど、一就職活動生ではなく「私」という一個人として真摯に接してくださいました。こうした経験から、人と真剣に向き合う大樹生命の方々と一緒に働きたい、自分もそうした人間になりたいと強く思うようになり、入社を決めました。

Career Path

入社1年目新潟支社 新潟統括営業部

地元である新潟の支社に配属され、営業職員向けの商品説明や話法の講習などを担当。配属当初はお客さまとの会話にも苦労しましたが、自分の働きかけによって契約が決まり、営業職員が喜んでくださると、私自身もうれしかったです。

入社2年目新潟支社 新発田営業部

同じ新潟でも、より地域色の濃い営業部に異動。お客さまも営業職員もおおらかな性格の方が多く、のびのびと業務に取り組むことができました。ここでは、より数字を意識し、常に自分にできることはないかと考えて行動していました。

入社3年目保険金部 保険金グループ

1、2年目の経験を通じて、保険の仕組みを学んでみたいと思うようになりました。そのため、保険金部に異動が決まったときは素直にうれしかったです。幅広く深い知識が求められるプレッシャーもありますが、自分の成長を実感でき、やりがいを感じています。

いまの仕事について

保険について広く、
深く学び、正しく判断する。

保険金部の主な業務は、保険金をお客さまへお支払いできるかどうかを判断するための査定を行うこと。具体的には、お客さまの診断書を見て、約款所定の支払事由に該当しているかどうかを確認していきます。約款通りであればすぐに査定が完了しますが、診断書の書きぶりだけでお客さまの身体の状態が判断できない場合は、担当した医療機関へ連絡し、事実を確認します。また、複雑な案件については弁護士への相談、警察への事実確認を実施したうえで査定することもあります。自分の知識だけでは対応できない案件もあり、最初はどの分野から探せば答えが見つかるのかもわからない状態でしたが、今は周囲の助けも借りながら、一つひとつ知識の引き出しを増やしているところです。保険金部の役割は、約款や事実に基づき、間違いのない判断を下すこと。多くの専門知識(約款、法律、医学知識、相続など)が求められ、プレッシャーも感じますが、無事解決できたときには、その分大きな達成感を得ることができます。

この仕事の魅力

営業の現場で活かせる力を、
蓄える場所。

営業部のように数字として見える成果は少ないですが、支払査定の業務に従事するなかで保険に関するさまざまな知識を体系的に学ぶことができます。「昨日の自分ができなかったことが今日はできる」というように、自分の成長を実感できることが何より面白く、やりがいを感じる部分です。また、営業部時代には保険商品を販売することでお客さまにとっての保険の「入口」に携わり、現在は保険金部で保険金をお支払いするという保険の「出口」に携わっています。この一連の業務を通じて、改めてお客さまを万一の際にお守りできる保険商品の大切さを肌で感じています。そして将来的には営業の現場に再度挑戦し、お客さまが本当に求めている保険を、お客さまに必要な形でご提案し、困ったときに寄り添えるような保険のプロになりたいですね。保険商品は複雑でわかりづらいものだと思われがちですが、保険金部で身につけた幅広い知識や複雑な案件への対応力は、営業の現場で必ず活きると信じています。

私のターニングポイント

営業職員の昇格をかけ、
懸命に取り組んだ営業部時代。

新発田営業部に所属していたとき、あと1件の成約があれば、上位の職階に到達する営業職員がいました。当時は私も入社2年目ということもあり、1年目に比べて数字を意識するようになった時期。その営業職員の昇格を目指して、積極的に同行活動や講習に取り組みました。しかし職階が決定する前日になっても、1件の成約が足りないまま。それでも最後まであきらめず同行支援をした結果、なんと最終日に契約が決まったのです。力を合わせて挑戦することで最終的に営業職員の昇格も決まり、困難があってもあきらめずに続けることが大切だと実感しました。またこの出来事によって自信がつき、それ以降どんなに難しい場面に遭遇しても、挑戦することができるようになりました。

大樹生命で働く魅力

どんな人のことも
大切にする会社。

入社の決め手にもなったことですが、当社の一番の魅力は人。「人の大樹」と称されるように、大樹生命には困っている人がいたらすぐに誰かが声をかけ、フォローする文化が根付いています。社員全員が常に相手を思いやり、尊重し合いながら仕事をしているからこそ、お客さまに対しても親身になって寄り添えることが当社の大きな強みではないでしょうか。就職活動をしていると「やりたい仕事は何か」と考えることが多いと思いますが、個人的には「誰と一緒に働くか」も大切な要素だと思います。入社を検討されている方は、ぜひ一度、大樹生命の社員と実際に話してみてください。話すことで、大樹生命の人の魅力が、きっと伝わると思います。

仕事で大切にしていること

喜んでもらえることが、
私の喜び。

「困っている人の力になりたい」という思いをもって当社に入社したこともあり、営業部時代には営業職員の力に、保険金部ではお客さまの力になりたいと思いながら日々仕事をしてきました。振り返ると、大学時代の軽音部での活動がその原体験なのかもしれません。楽器の初心者に対して自分の持っている知識や技術を教えたり、部になかなか馴染めない新入生に対して積極的に話しかけたり。自ら働きかけることで相手に喜んでもらえることが、何より自分の喜びになっていました。これからもより多くの人の力になれるよう、行動し続けることができたらと思います。