企業経営の
ダイナミズムを、
肌で感じる日々。

コーポレートスタッフ分野 総合職
坂井 遼太郎
Ryotaro Sakai

企画部 経営企画グループ
2014年入社 商学部 卒

入社の決め手

人の人生に長く寄り添っていける仕事がしたいと考え、生命保険業界をこころざしました。その中でも、「いつの時代も、お客さまのためにあれ」という経営哲学のもと、伝統と革新の融合を目指す大樹生命の姿勢に魅力を感じました。採用担当の方が、とても親身になって対応してくださったことも、入社の決め手になりました。

Career Path

入社1年目三池支社

入社から3年間、福岡県の三池支社で営業支援業務に従事。当社の経営哲学を残した初代社長・団琢磨ゆかりの地で、その哲学が営業活動の隅々まで浸透していることを実感する日々でした。

入社4年目企画部 調査広報グループ

異動により本社配属となり、当社の広告出稿、ノベルティグッズ制作、社内報発行などの広告宣伝業務を担当。より広い視野で、会社や商品のことを考えるようになっていきました。

入社5年目企画部 経営企画グループ

現在、経営戦略に関わる重要事項の企画・立案に携わっています。中期経営計画の推進や、日本生命とのシナジーを高める取り組みを進めながら、経営陣の間近で自己研鑽を重ねています。

いまの仕事について

経営の意思を、
全社に行き渡らせる。

私が所属する経営企画グループでは、当社の経営に関わる企画・戦略の立案や、経営陣の決定に基づく具体的な実行プランの策定を行なっています。現在は中期経営計画の実行推進を中心に、日本生命とのグループシナジーを高めるための取り組みや、株主をはじめとするステークホルダーへの対応を行っています。この仕事は、社内外のさまざまな部署と横断的に連携を図りながら、組織全体を俯瞰的に見つめる「全体最適」が求められます。日々、経営を取り巻く環境が変化する中で、具体的にいま何をすべきかを考える。「次はこうしましょう」と提案し、経営計画をひとつひとつカタチにしていくことが私のミッションです。ここではまさに「経営者の視点」を持って、自ら課題を見つけていかなければなりません。各部門の意見を聞きながらも、自分で考え、自分で答えを作り出していく。
パターン化された仕事がなく、突発的な業務にも臨機応変な対応を求められる日々の中で、大きな成長を実感しています。

この仕事の魅力

経営陣の間近で、
「経営の視点」を磨く。

入社5年目という若手の身でありながら、日々、経営層と非常に近い環境で仕事に取り組めることに大きなやりがいを感じています。資料報告などで社長と直接話す機会も多く、まだまだ緊張してしまうこともありますが、若手の意見にも積極的に耳を傾けてくださるので、営業現場での経験や若手としての視点をもとに、自分なりの意見を発信できるように心がけています。
経営企画グループに異動してきた当初は、やり取りする相手が役員をはじめとする目上の方ばかりで、どうしても遠慮がちになってしまい、仕事がうまく進まないことがありました。そんな時に、上司から「ひとつ上の目線で仕事をしてごらん」と言われ、「経営の視点」を意識して仕事に取り組むようになりました。若手の私に対しても、そのような視点を持たせてくれるのはボトムアップ型の社風の表れだと思いますし、とても貴重な経験をさせてもらっていると感じています。

私のターニングポイント

お客さまに教えられた、
生命保険の意味。

入社から3年間在籍した三池支社時代に、お客さまから「給付金のおかげで病気の治療ができた」という感謝の言葉をかけていただいたことは、生命保険会社の社会的役割を肌で実感できた瞬間として、いまでも強く心に残っています。
私は、支社にいた頃から「幅広い視野を持ちなさい」と教えられ、実際にいま経営企画グループに所属して、より大きな視点で生命保険会社の役割やビジネスを考える日々ですが、やはり、生命保険の意義として、お客さま一人ひとりの人生に寄り添うことを忘れてはならないと思います。会社全体を考えるマクロな視点と、お客さま一人ひとりを想うミクロな視点。二つの視点を持つことの大切さを教えてくれた支社時代は、私の仕事の原点になっています。

大樹生命で働く魅力

尊敬できる先輩たちと
共に挑戦できる喜び。

私は、これまでに3つの部署を経験していますが、どの部署にも目標とすべき先輩がいました。自らが判断に迷ったときはどうするか。私がそう尋ねた時、ある先輩は「自分の成長につながる方に飛び込んでいく」と話してくれました。以来、この言葉は、何かに迷ったときの行動指針となり、私自身もそのような存在になれるように意識して、日々の業務に取り組むようになりました。
大樹生命には、若手のうちから責任のある仕事を任せる風土があり、また、若手が主体となって役員に直接提言できるプロジェクトもあります。会社全体が大きな成長の時を迎えた今、若いうちから挑戦できるチャンスはさらに広がっていくはずです。私も、先輩が教えてくれたように、新しいフィールドに積極的に飛び込んでいきたいと思いますし、そういう挑戦を受け入れてくれるところが大樹生命の魅力だと思います。

仕事で大切にしていること

つねに考え続け、
新しい答えを「作り出す」。

私がつねに心がけているのは、「思考停止に陥らない」ということです。言葉だけ見ると簡単なことのように思えますが、これまで業務を行ってきた中で「思考停止に陥らない」ことがどれだけ難しいかを実感してきました。今いる部署では、複数の部署をつないで一つの仕事を進めていくことが多々ありますが、関係部署に納得してもらい、目標達成に向けて業務を遂行してもらう必要があります。そのような場合、完全無欠の絶対的正解など存在しないからこそ、思考を止めて既存のものから「答えを探す」のではなく、つねに自分の頭で考え、「新しい答えを作り出す」ことを大切にしています。