数学の力で、
経営の根幹を支える。

アクチュアリー分野 総合職
大山 秀俊
Hidetoshi Ohyama

主計部 主計グループ アクチュアリー
2014年入社 数理科学研究科 修了

入社の決め手

数学を活かせる仕事としてアクチュアリー職を第一志望に就職活動をする中で、アクチュアリーの仕事内容は、どの生命保険会社でも大きな違いはないと考え、一緒に働きたいと思える先輩や上司がいる会社を選びました。当社は、社員の方々がとても親身に対応してくださり、また、私と同じく保険や金融とは関係のない数学分野を専攻していた方々が多く活躍されていると知り、入社を決めました。

Career Path

入社1年目主計部 数理グループ

入社から4年間、生命保険会社の企業価値を示すエンベディッドバリューの算出を担当。自社の企業価値を数値化する仕事をしていました。

入社5年目主計部 主計グループ

主計グループに異動して1年目。まずは、今の部署での業務を習得することに集中し、その後、商品開発やリスク管理、資産運用等のさまざまな分野でアクチュアリーとしての専門的なスキルを磨いていきたいです。

いまの仕事について

会社の収益を予測し、
経営状況を数値化する。

私は、主計部 主計グループの一員として、会社全体の収益管理に関する業務を行っています。具体的には、全社的な収益予測(予算)や財務諸表の作成、予算と実績との差異分析、経営陣への報告などが主な仕事です。また、数字を算出するだけでなく、なぜこのような数字になったのか、その背景を考察し、会社の収支に与える影響などの分析も行っています。たとえば、保険料を改定した場合、会社の収支にどう影響するかなどのチェック機能を果たしています。
主計グループには、運用や商品開発、そして営業部門など、社内の各部署からさまざまな情報が集まってきます。そのため、それを処理するための幅広い知識や経験が求められますが、私は、まだ目の前の業務をこなすだけで精一杯。将来的にもっと活躍できるように視野を広く持って業務に取り組んでいきたいと思っています。

この仕事の魅力

数字の裏に隠された
ストーリーを読み解く。

会社全体の収支を算出すること自体、楽しくて面白い仕事だと思いますし、そうやって自分が計算した数字が次年度の予算の基盤になっていくので、経営政策の根幹に直結するとてもやりがいのある仕事だと思います。会社や世の中の状況を予測しながら予算を作る。その予算という筋書き通りに、いかに決算値が推移するか。数字が語るストーリーに目を向けて、実際の結果と照らし合わせていく作業は、とても面白いですし、この仕事の魅力です。
そして、やはり大好きな数学に関われること。自分が今までやってきた数学を活かして仕事ができる、社会人になってからも数学ができるというのは嬉しいですね。私が大学で研究していた数学は、保険や金融に関する数学とは異なりますが、この仕事は日々数字との格闘ですし、海外をはじめとする最新動向に触れる機会もあります。日々新たなことを吸収するために勉強するのは、とても楽しいことだと思います。

私のターニングポイント

少数精鋭の環境で感じた、
数字を扱う責任。

私は入社から4年間、主計部 数理グループに所属していましたが、そこで入社1年目から担当した「エンベディッドバリュー」の算出が、私にとってのターニングポイントです。エンベディッドバリューとは、保険会社の企業価値を表す指標のひとつ。その算出を入社1年目の私を含め、当時はチーム4人だけで行い、経営会議で報告等を行っていました。自分の会社の価値を示す数字を、これほどの少人数で算出していることにとても驚きましたし、数字を扱う仕事の責任の重さを実感しました。
もうひとつは、数理グループ時代の先輩に教わった「数字に対する感覚を養うこと」の大切さ。当時の仕事は数字の算出がメインで、どうしても「算出して終わり」という意識になりがちでした。しかし、算出だけにとどまらず、なぜそのような数字が出たのかを考え、分析する視点を持った方がいいとアドバイスをもらい、以来、算出した数字が持つ意味を考えながら仕事に取り組むようになりました。

大樹生命で働く魅力

仲間と支え合って、
アクチュアリーの正会員へ。

「人」でこの会社を選んだこともあり、魅力的な社員が多いことはもちろんですが、若いうちからさまざまな仕事を任され、成長する機会が与えられていることも、この会社の大きな魅力だと思います。新入社員だからといって単純作業ばかりさせられるようなことはなく、自分なりの分析や考察をもとに上司への報告を行ったりするなど、成長とやりがいが感じられる機会が多くあります。
また、アクチュアリーの正会員になるための体制やサポートが整っていることも魅力のひとつ。会社としてのバックアップはもちろん、正会員となった先輩や若手の有志が中心となって、勉強会を開いたり、模擬試験を実施するなど、皆で支え、学び合う風土が根付いています。このような環境のおかげで私も正会員になることができましたし、今は講師役として仲間の合格を応援しています。

仕事で大切にしていること

数字が持つ意味を
すばやくつかむ数的センス。

中途半端なことはせず、自分が納得するまでとことん考えた上で取り組むこと。また、ターニングポイントの項目でも挙げた「数字に対する感覚」は、常に意識するようにしています。アクチュアリーの仕事には、ある数字が出たときに、「普通に考えれば、この数字はおかしい」と見抜く課題発見力や、数字が持つ意味を統計的な視点でつかむ力が求められます。そのためには、普段から自分の中で仮説やストーリーを立てること、そして、電卓ですばやく概算を出せることがとても大事だと感じています。日々、膨大な量のデータを扱うので、まずは大きく数字やその性質をつかみ、予測値と実績値の整合性を確かめる。主計グループでは、そのような「数字に対する感覚」が特に大事だと思っています。