世の中の動向に注視し、
現場の声に耳を傾け、
商品を生み出しながら、
営業部長を目指す。

リテール分野 総合職
山村 昂平
Kohei Yamamura

本社 商品開発部 商品開発グループ
2016年入社 経済学部 卒

入社の決め手

身近な人が、生命保険のおかげで救われたという話を聞き、就職活動では、そのように誰かの暮らしを支えられる仕事に就きたいと思い、保険業界を志望していました。大樹生命(当時は三井生命)のことはCMで耳にしたことがあるくらいでしたが、説明会や座談会に参加したところ、社員の人柄にとても惹かれました。これから長く、ともに働くのだから「人」は重要。このような人たちと一緒に働きたいと思い、入社を決めました。

Career Path

入社1年目浜松支社

浜松での二年間は、営業職員への同行支援だけでなく、法人契約や、営業職員の採用にも関わり、どの業務にも信頼関係がとても大切なのだと学びました。そして、信頼関係を支えるのが、日々のこまめなコミュニケーションや迅速な対応・正確な回答であるということも実感しました。

入社3年目商品開発部 商品開発グループ

商品開発部の中でも、新商品を営業職員が販売するためのマニュアルの作成を主に担当しています。まだ自分のアイデアをベースにした商品開発ができていないので、知識と経験を積み、ニーズにあった商品開発を目指しています。

いまの仕事について

必要性を認められた商品だけが、
世の中に送り出される。

商品開発部の主なミッションは「お客さまに満足していただける保険商品の開発」です。そのためにアイデアを出し合い、販売計画を策定し、収益の見込みを立て、具体的な規定や商品名の決定、販売マニュアルの作成などを行っていきます。現在、私は販売マニュアルの作成をメインに担当していますが、他のプロセスにも関わるなど、完全に役割が分かれているわけではなく、チーム全員で商品開発に携わっています。ちなみに、最終的に商品は、金融庁の認可を得られなければ販売することができません。関連のある部署と連携しながら、金融庁の審査を通過して初めて、世の中に商品を送り出すことができるのです。チーム全員でロジックを整理し、商品が金融庁に認められたときは、達成感も大きいですね。さらに実際に販売されたら、今度は計画通りに販売が進んでいるかを確認し、改善点を探っていきます。

この仕事の魅力

世の中の価値観が、
保険商品の開発に大きく関与する。

保険商品というのは、人が一番大変なとき、困っているときに役に立つものです。営業部に駐在していたときには、実際に感謝の言葉をいただくことも多く、自分たちの仕事がお客さまの暮らしを支えているのだと実感する機会が多くありました。その点は、本社で働いていると、お客さまが少し遠くなった気がしますが、支社に商品の説明のために研修に行ったりすると、商品の評判を耳にしたり、営業部長から「この商品、いいね!」と声をかけてもらえたりするため、うれしくなりますね。良い商品はお客さまに受け入れてもらいやすいというのはもちろん、営業職員がお客さまに提案したいと思うかどうか、提案しやすいか、という点もポイントです。だから、自分の携わった商品がお客さまの役に立つだけでなく、営業職員のモチベーションも上げ、大樹生命の発展にも貢献していると思うと、自分の仕事の意義を感じます。良い商品を生むために、常に世間が何に価値を見出しているのか、何を不安に思っているのかをいち早くキャッチするようにしています。たとえば、最近は「健康増進」というキーワードがさまざまな業界で注目されていますよね。保険は人の暮らしとのつながりがとても強いので、そういった流行にもアンテナを張って、商品開発に取り入れる方法を検討するようにしています。

私のターニングポイント

世の中が求めていること、
企業として守るべきことのバランスを大切に。

この部署に着任して2年が経ち、自分の携わった商品が世に出ていくことも増えました。喜びもある一方、「もっと、こうできたのでは…」と反省することもあり、自分の未熟さも感じます。たとえば、ある商品の開発では今まで「わかりやすさ」のためにあった規程が、新商品が加わったことで意図せず「見直しの自由度を阻害する、不便な」規程になってしまい、慌てて規程を変えたこともあります。もし最初から気づいていれば、こういった負荷はかからなかったはず…。自分の経験不足、リサーチ不足を痛感し、販売計画などの段階から、より深く広く多角的な視野から検討を進めなければいけないと学びました。また、保険商品の開発では守らなければいけない金融のシステムや法律もあるため、いまある枠の中で、販売方法や打ち出し方を工夫し、他社との差別化を図らなければいけません。社会的な意義も見出しつつ、組織として利益も得られるようにするのは難しいですが、それを考えるのも私たち商品開発部の腕の見せ所だと思っています。

大樹生命で働く魅力

「いい商品」は「販売したい商品」でもある。

商品開発は、つくって終わりではありません。いくらいい商品を開発しても、お客さまのもとに届かなければ意味がないのです。つまり、営業職員に、その商品の価値を理解して「お客さまに提案したい」という気持ちになってもらうことがとても大切になります。似たような商品があるけれど、どう違うの?」という質問をもらうこともあります。そうしたときは、公的データを使いながら、「この商品は、これまでと違って、こういう人に向けて、こういう仕組みを用いて作られたものなんです」と丁寧に説明。私たちの思いと、現場の思いをしっかりすり合わせるように心がけています。また、「お客さま本位」ということをとても意識するようにしています。営業に限らず、大樹生命の仕事はすべて最終的にお客さまにつながっています。私がつくる営業職員のための販売マニュアル一つとっても「会社目線になっていないか?」と自問することを心がけ、本当にお客さまが求めている情報を提供するようにしています。

仕事で大切にしていること

目標に向かって、
着実にキャリアステップを踏んでいく。

大樹生命には一人ひとりの意志を尊重してくれる社風があると思います。私がこの先目指しているのは、営業部長になること。定期的に実施される人事部との面談でもそのことは毎回伝えています。会社としても、営業部長になるために私に何が必要なのかを考え、この商品開発部への異動を考えてくださったのではないかと思います。この部署で身につけた商品開発に関する知識や、保険商品の仕組みや狙いは、必ず営業部に戻ったときにも役立つと思います。自分らしいキャリアステップを踏みながら、唯一無二の営業部長を目指したいですね。今の商品開発部では、自分のアイデアをベースにして、ヒット商品を生み出すことが目標です。そして、いつか自分が営業部長になったときには、自分の開発した商品を主力に営業成績を伸ばしていくというのが夢。そのためには、アイデア力、情報収集力はもちろん、論理的思考力など、これから伸ばしていかなければならない点は山積みです。今の部署で成長し、営業部長になったときには「山村部長と一緒であれば、間違いなく契約につながる!」と誰からも信頼されるような人になりたいです。