一つひとつ
できることを増やし、
自分の得意分野を
つくっていきたい。

リテール分野 エリア総合職
佐々木 千英
Chie Sasaki

東京北支社 大泉営業部
2019年入社 社会学部 卒

入社の決め手

就職活動の軸は、人のマイナスな気持ちをプラスに変える仕事に就くこと。そうして、いくつかの業界を見ていくなかで、人の一生に関わり、万一のときを支え、長く寄り添える生命保険会社に魅力を感じるようになりました。そのなかでも大樹生命に決めた理由は、お会いした先輩社員の方々の雰囲気や人柄に惹かれたからです。とくに、最後に大樹生命ともう一社で迷ったとき、私がOB・OG訪問をお願いすると社員の方は快く引き受けてくださり、さらに紹介していただいた女性の先輩社員も私の質問に一つひとつ丁寧に答えてくださりました。そのおかげで、最終的に不安が解消された状態で大樹生命への入社を決めることができました。

Career Path

入社1年目東京北支社中野営業部

営業職員の活動支援業務や、支社全体の成績管理、データの収集・分析といった支社業務を通して仕事の基礎を身につけていきました。

入社2年目東京北支社大泉営業部

営業職員への活動支援を行いながらも、まだまだ私自身が学ぶことが多い日々。新しい知識や経験を一つずつ蓄えていく面白さを感じています。

いまの仕事について

キャリアや個性の違いを意識し、
営業職員一人ひとりに合った営業支援を。

現在は、営業職員の営業支援業務と、支社全体の業績管理やデータの分析といった支社業務に従事しています。営業支援業務は文字通り、同じ営業部に所属する数十名の営業職員のサポートが主な仕事。営業職員は毎月、契約や情報収集に関する目標が細かく設定されているため、その目標達成に向けて営業部長や副部長、拠点業務担当のメンバーとともにさまざまな支援を行っていきます。たとえば、新たに採用した新人営業職員には研修を通して商品や営業の基礎知識を一から教えたり、実際にお客さまのもとに一緒に同行して商品説明をサポートしたり。結果が出ずに悩んでいる中堅の営業職員がいれば、「このお客さまに電話してみては?」「もう一回、訪問してみましょう」とそれぞれの状況や性格も踏まえて声をかけ、具体的な行動を引き出していきます。また、知識もスキルも豊富なベテランの営業職員の場合、過去の経験ややり方にとらわれすぎていることもあるため、新しいやり方にアップデートするお手伝いなどをしています。ちなみに、もう一つの業務である支社業務では、東京北支社に所属する6つの営業部の最新の成績状況をまとめ、各営業部長に報告するといった支社全体に関わる仕事を担当しています。

この仕事の魅力

営業職員との関わりのなかに、
学びや喜びがあふれている。

営業支援と聞いて、「自分にできるだろうか」と不安に感じる就職活動生の方もいらっしゃるかもしれませんが、心配する必要はありません。私自身もまだ2年目ということもあり、営業職員にアドバイスしようとすると逆にアドバイスを受けたり、会話の中で新しい発見ができたり、質問されて初めて知ることもあったり、日々学び、模索しながら営業職員と向き合っています。また、営業職員とのコミュニケーションの中で知識や経験がどんどん蓄えられていく面白さがあります。そして何より、試行錯誤しながらも自分が指導した新人営業職員が「前よりアポイントがうまくとれるようになった」「事前に一緒に練ったプラン通り、お客さまにお話しすることができた」などと言ってくれたときはやはりうれしく、やりがいを感じますね。また、ベテランの営業職員と関われることも大きな魅力です。「だから成績優秀者なんだ」と納得できるような魅力的な人格や行動力を備えた方も多く、人生の先輩としても大変勉強になります。

私のターニングポイント

「ありがとう」の一言に学んだ、
コツコツと積み重ねることの大切さ。

まだターニングポイントと呼べるような出来事はありませんが、日々、営業職員に「そのやり方、いいかも」「そういう考え方もあるんだ」と感じてもらえるような指導を意識しています。普段、営業部長が営業職員に対してどのようなアドバイスをしているのか、直接自分の耳で聞き、吸収することで、自分も営業職員へより説得力のある活動アドバイスを行うことができるようになります。そしてその結果、営業職員から「ありがとう、一度試してみようかな」と前向きな発言を聞くことができればうれしいですね。また、アドバイスする際は、一人ひとりの営業職員としっかり向き合うことを大切にしています。その営業職員の成績状況はどうなっているのか?その人の性格や苦手な部分は?逆に得意なところは?など、細かい部分まで意識しながら話しかけるようにしています。さらに、お客さまに提案するときは、不安を煽る訴求ではなく、どのような保険があればお客さまが安心できるかを伝えられるようにしています。ここでも保険を通して、マイナスな気持ちをプラスに変えたいのです。

大樹生命で働く魅力

総合職ならではの幅広いキャリアフィールドと、
転居転勤を伴わない働きやすさ。

「エリア総合職」という働き方があることは、大樹生命で働く大きな魅力の一つだと思います。というのも、もともと生命保険会社はじつにさまざまな部署や仕事で成り立っているため、自分自身の適性や目標を見極めることも簡単ではありません。しかし、総合職であれば、数年ごとにさまざまな部署を経験することができるので、自分の力が発揮できる最適なキャリアを見つけていくことができます。また、私の場合、エリア総合職であるため、勤務地や退社時間が総合職と異なります。転居を伴う転勤がないこと、また、9時〜17時という勤務時間も、プライベートとの両立や長く働き続けることを考えるうえで大切なポイントです。

仕事で大切にしていること

目標は、人のマイナスの気持ちを
ゼロやプラスに変える仕事ができる人。

今はまだ「できること」を増やすことが目標ですが、今後はさまざまな部署で多様な経験を積み、自分自身のスキルを上げながら、「やりたいこと」を新しくみつけていきたいです。そして、やりたいこととできることが重なる部分で、「このことなら、佐々木さんに聞いてみれば間違いない」と言われるような存在になれればと考えています。そして、最終的には私が入社する前から目標として掲げている「保険でお客さまに安心を提供し、マイナスの気持ちをゼロやプラスに変える仕事」ができる社員になりたいです。