保険の仕組みで、
世界で活躍する
日本企業を支える。

ホールセール分野 総合職
古畑 絵理奈
Erina Furuhata

国際法人営業部 第一グループ
2012年入社 外国語学部 卒

入社の決め手

就職活動の年に東日本大震災が発生し、人を経済的な面から支える生命保険の仕事に興味を持ちました。大樹生命の選考に進んだのは、会社説明会での学生の私語を、毅然とした態度で注意した女性担当者が素敵だと感じたからです。面接で自分を飾ることなく自然体でいられたのも、入社の大きな決め手になりました。

Career Path

入社1年目岡崎支社

岡崎支社で、営業支援業務を担当。年齢の離れた営業職員とどう接するか、最初は戸惑いもありましたが、親しくなるにつれ、この方々の努力が会社を支えているんだと実感するようになりました。

入社4年目柏支社 柏営業部

柏支社に異動し、営業部にて営業支援業務を行いつつ、新たな営業職員を採用するための採用強化業務を担当。また、当時は何でも経験しようと、自ら積極的に様々な業務に関わっていました。

入社5年目企画部 一般社団法人生命保険協会へ出向

企画部付けで、一般社団法人生命保険協会という業界団体へ出向。調査部で北米の生命保険に関する税務やFinTechなどのトピックについて、英語の文献を調査し、レポート執筆を行う日々でした。

入社7年目国際法人営業部

出向先から戻り、国際法人営業部に異動。現在は第二グループに所属し、日系グローバル企業を対象に、海外現地法人の現地スタッフ向けの保険に関するコスト削減スキームの提案を行っています。

いまの仕事について

グローバル展開する
日系企業をサポート。

海外に現地法人や支店を持つ日系企業を対象に、現地スタッフ向けの保険制度をサポートする仕事を担当しています。とはいえ、当社の保険商品を提供するわけではなく、当社が長年提携しているイタリアの保険会社・ジェネラリ社が提供する「国際プーリング」という仕組みを、日本企業の本社へご提案しています。国際プーリングとは、世界各国の保険会社をネットワークし、それぞれの会社で締結している保険の収支をまとめる(プールする)ことで、スケールメリットを活かしたコストダウンをもたらすサービスです。
プーリング契約によって海外現地法人の福利厚生を適正かつ低コストに抑えることができれば、企業の競争率を高めることにつながります。グローバル展開する日本企業に対し、付加価値を提供していける仕事です。

この仕事の魅力

「商品」ではなく、
「仕組み」を売る面白さ。

ジェネラリ社のネットワークは世界120社。当社を通してプーリング契約した海外現地法人は、北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアと世界各国に広がっています。新規営業だけでなく既存のお客さまのフォローもあり、国によって異なる福利厚生制度の考え方や、商慣習を学べるのが面白いところです。日本と比べるとメールの返信がゆっくりだったり、休暇期間が長かったりすることも多いので、そこを逆算して段取りを組むこともありますね。
営業面では、「保険商品」ではなく国際プーリングという「仕組み」を提案する点が新鮮です。海外では普及している仕組みですが、日本ではまだあまり知られていないため、分かりやすく説明することを心掛けています。理解してもらえて「いい仕組みだね」と言っていただけると嬉しいですね。交渉する相手は人事の方や総務の方など、大企業の幹部やプロフェッショナルが多く緊張することもありますが、少しずつ自信をつけて慣れていきたいと思っています。

私のターニングポイント

あきらめずに取り組んだ
先に見つけた突破口。

営業部に勤務していた頃、ちょうど外貨建保険商品が発売された時期だったのですが、当初は営業職員から仕組みがわかりにくいと敬遠され、どのように理解してもらうか苦慮しました。一緒にお客さまのところに行って説明し、納得していただく様子を見てもらうなどして、少しずつ提案のポイントをつかんでもらうように心がけました。その結果、営業職員の説明がお客さまに伝わり、「いい商品だね」と認めてもらえたり、営業職員からも「この商品が販売できるようになってよかった」と言ってもらえたときは嬉しくて、そのときのことはいまでも覚えています。
それまでも、どんなことでも自分から積極的に関わっていくということがモットーでしたが、それに加えて、根気強く、あきらめないことの大切さを学んだ良い経験になりました。

大樹生命で働く魅力

努力を見逃さずに、
チャンスをくれる。

当社は、皆が周囲の仲間に関心を持って、努力している姿を見ていてくれる会社だと思います。入社当初、自分に自信が持てなかったときも、上司が絶妙なタイミングで「前より確実に成長している」と声を掛けてくれました。上司だけでなく営業職員も私の努力を認めてくれました。壁にぶつかっても、ひたむきに努力していれば、きちんと評価をしてくれる。だからこそ、高いモチベーションを持って頑張れるのだと思います。また、個人の適性や意欲に応じて、さまざまな業務を経験するチャンスを与えてくれます。私も、得意の語学が活かせるように、業界団体への出向や国際法人営業部への配属など、貴重な経験をさせていただいています。
私は、これまで多くの上司や仲間に励まされ、チャンスをいただいてきました。今後は私も同僚や後輩を励ませるような存在になり、多様な人材や働き方を受け入れる職場づくりに貢献していきたいと思っています。

仕事で大切にしていること

すばやく誠実な
対応を積み重ねる。

お客さまからのお問い合わせやご依頼に対して、できるだけ早く正確に対応することを心がけています。生命保険会社は目に見えない商品を扱うからこそ、お客さまからの信頼をコツコツと積み上げていくことが重要だと考えています。
私は入社間もない時期にリテール部門の営業に携わり、そのおかげで営業職員一人ひとりの努力の積み重ねが会社を支えていることを実感できました。仕事は一人でやっているものではないし、誰かのために頑張ることが自分にとっても意味のあることにつながる。営業の現場を経験したことで、そのような意識を持って仕事に取り組めるようになったと思います。