大樹生命の人材育成

当社では、会社全体の「成長」ステージへの引き上げを目指す中、中長期的な視点から、
それを支える『人材』の育成に力を入れています。

様々な研修メニューの他、個々のチャレンジをバックアップする制度も充実しています。

総合職CDP

(Career Development Program)

一人ひとりが自らキャリアを主体的に意識し、自己実現を果たすため、各コースのキャリア・ローテーションに沿った育成体系を用意しています。

充実のOFF-JT制度
(集合研修)

人材育成の一環として、自己啓発やOJT(職場内教育)を補完するものとして集合研修などを実施しています。階層別や職位別に応じてさまざまな研修を実施しています。

主な研修例

  • 総合職新入職員研修
  • 職層別研修(1~3年目総合職フォロー研修、ヒューマンアセスメント研修、キャリアプラン研修、Basic研修等)
  • 職位別研修(新任営業部長・室長研修、1~3年目営業部長・室長研修等)
  • その他目的別研修(ディメンション強化研修、OA研修等)

総合職(機関経営コース)新入職員研修体験談

平原 周介
人事部 機関経営キャリア開発室
2019年入社

なりたい自分像をかなえるための
一貫性ある育成体制

当社の研修制度は非常に幅が広く、社会人としての心得はもちろん、生命保険業界の基礎、そして自身の将来像を思い描く礎となる知識やスキルが身に付けられる、総合的な育成体制がとられています。
入社後2ヶ月間は、ビジネスマナーや生命保険販売の基礎となる商品知識研修を受講します。社会人としての自覚が芽生え、保険の仕組みや意義について理解を深めることができました。
3ヶ月目以降の10ヶ月間は、個人のお客さまを中心に営業実践を行います。前半は新規お客さま開拓、後半は既存のお客さまへアフターフォローや保障内容の見直しのご提案を行い、保険販売の難しさを感じながらも、保険実務を通じて自身の成長を実感できました。
入社2年目の前半6ヶ月間は支社・営業部に駐在し、営業職員の採用と育成を中心に、営業部経営に携わります。営業部長や営業職員とともに業務に取り組む中で、自分なりの営業部長のイメージが明確になりました。後半6ヶ月間は法人のお客さまへ営業実践として、新規の基盤開拓スキルを養います。
いずれのカリキュラムでも、営業部長経験者である教官から、自身の経験や経営手法に基づいた指導を受けることができます。また、社外や社内各部署による研修も充実しており、これから自分がどのように活躍していきたいのか、日々考えながら成長するための有意義な時間を過ごすことができています。

総合職(総合コース)新入職員研修体験談

染川 裕汰
埼玉支社
2021年入社

充実した新入職員研修と
配属後の長期的なフォローで
成長を後押ししてくれる環境がある

当社の人材育成制度は、長期的なフォローが魅力だと思います。
約3ヶ月間の新入職員研修では、社会人としての基礎から金融知識・商品知識・営業スキルなどを、体系的に広く深く学ぶことができました。最初の2ヶ月間で社会人としてのマナーや、生命保険・保険商品の知識について幅広く学んだ後、3ヶ月目からは、実際にお客さまのもとに足を運び、生命保険の設計や提案を行いました。お客さまとコミュニケーションをとる中で、一人ひとり価値観やニーズ、取り巻く環境が異なることを実感し、それぞれに寄り添う大切さを学んだことで、心からお客さまのお役に立ちたいと思うようになりました。実際にご契約いただいたお客さまから「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた時は、想像を超える嬉しさと、この仕事へのやりがいを感じました。
一方で、お客さまからの信頼を得るには、幅広い金融知識を習得する必要があることも実感しました。たとえ自分が新人だとしても、お客さまからは「金融のプロ」として見られます。お客さまからの質問や疑問に幅広く対応できるよう、担当教官からアドバイスをいただいたり、自分でも毎日新しい情報をインプットする習慣を身につけました。
新入職員研修では金融知識や営業スキルの習得にとどまらず、エクセルなどのPCスキルや、営業現場で使用しているタブレット型情報端末の活用方法など、実務的な知識を一から学べる研修も多く実施されるため、現在の支社・営業部での仕事に大変役立っています。
また、支社に配属された後も、担当教官による定期的な面談や集合研修の実施など、こまめなフォローによって新入職員の成長を後押しする環境が整っています。新入職員研修の期間に限らず、一人ひとりに寄り添って長期的にフォローしてもらえる環境が、当社の人材育成制度の魅力だと思います。今後も日々成長を感じながら、会社に貢献できるよう頑張っていきたいです。

チャレンジを
後押しする人事制度

チャレンジ公募制度

希望する「職務領域」への応募を可能とし、所属部署や勤務地のほかリモート勤務や社内複業など、柔軟な働き方・業務運営体制に対応ができる『ジョブ型チャレンジ制度』と、支社長やグループ長など希望する「職位」に対しての応募が可能な『チャレンジポスト制度』があります。従業員自身のチャレンジ精神を尊重し、自己実現の機会提供、自律型人材の育成をポイントとしているため、直属上司を通さずに本人が直接人事部に応募する形態をとっています。書類審査や面接により選考しています。

グローバルインターンシップ

若手総合職の人材育成、日本生命との人材交流を目的として実施。日本生命の海外現地法人・事務所等へ派遣され、現地業務の体験・調査等を行います。

公認資格取得報奨制度

従業員の能力開発と資格取得に対する自己啓発意欲を助長することを目的に、国家試験や検定試験などに合格し、公認資格を取得した際に、報奨金を支給する制度です。税理士や公認会計士をはじめ、証券アナリスト、社会保険労務士、CFP、AFP、宅地建物取引主任者など、30種類ほどの資格を支給対象としています。

キャリアデザインシート

年に一度、全従業員が各所属長を通じて人事部あてに提出するもので、従業員自身の現職における適性や異動希望部署・勤務地、異動希望時期、今後のキャリアビジョン、自己啓発状況、個別事情などを申告する制度です。適正な人材配置、人事ローテーションを行う上での参考資料となります。