内定者の声

コース選びのポイントや入社の決め手など、
総合職・エリア総合職内定者の皆さんに聞きました

総合職・エリア総合職内定者DATA

男女比

  • 男性
    75%
  • 女性
    25%
Q

大樹生命に
エントリーしたきっかけは?

  • インターンシップを通して、社員の方々の明るく穏やかな人柄に魅力を感じた(エリア総合職(総合コース))

  • 営業部長早期登用制度や少数精鋭の強みに魅力を感じた(総合職(機関経営コース))

  • 社員の方々の仕事に対する熱意や就活生への思いやりを最も強く感じたのが大樹生命だった(総合職(機関経営コース))

  • 三井系企業の一員でもありながら、日本生命グループに所属していることからより多くのお客様と関わる機会があることや、幅広い人材交流が今後のキャリアを形成する上でプラスになると思った(総合職(総合コース))

  • 生命保険業界の中でも大樹生命は少数精鋭で自分次第で成長できる環境があると思った(総合職(機関経営コース))

  • 保険商品〝大樹セレクト″をはじめ、お客さま本位の意識を感じた(アクチュアリー)

Q

コース選択の決め手は?

コース内訳

総合職(機関経営コース)

  • 最短4年で営業部長という管理職としての仕事を任せてもらえる

  • 若いうちから責任あるマネジメントの仕事ができ、成長に繋がると思った

  • 組織を動かすリーダーへの憧れ

  • お客さまや営業職員と近いところで働き、役に立ちたいと思った

  • 自分が活躍できる明確なビジョンを描くことができた

総合職(総合コース)

  • 様々な業務を経験することで、視野を広げることができると思った

  • 新しい仕事、人、環境に触れ続けることで成長できると考えた

  • 様々な仕事に挑戦でき、自分の可能性を広げられる

  • 営業だけでなく、商品開発、資産運用などの仕事もやってみたかった

  • 仕事をするからには全国で頑張ってみたいという思いが強かった

アクチュアリー

  • アクチュアリーを目指しており、自分の技術向上を通して成長を実感できると思った

  • 自分の得意分野である数学を活かし、保険商品の開発をしたかった

  • アクチュアリーとして採用して頂けたことが決め手となった

  • 元々アクチュアリーを志望していた

エリア総合職(総合コース)

  • 引っ越しを伴う転勤の心配がなく、長く働きつづけやすいと思った

  • ライフスタイルを変えずに総合職として働くことができる点に魅力を感じた

  • 自分が何も諦めることなく仕事を行っていけるコースだと思った

  • 慣れ親しんだ地域で長く働きたいと思った

Q

入社の決め手は?

総合職(機関経営コース)

  • チャレンジできる環境があること

  • 社風・業務内容ともに自分の理想の職場だった

  • 面接の際に本当に向き合い受け止めてくれていると感じたため

  • 最短4年目から営業部長として挑戦できるスピード感に魅力を感じた

  • 選考を通じ、お客さまだけでなく社員一人ひとりを本当に大切にしているということを確信した

総合職(総合コース)

  • 自分の弱点までも受け入れてくれる会社だと感じた

  • あなたなら総合職として活躍できます、という言葉をいただいたため

  • 自分のことを理解しようとする真摯な姿勢

  • 人事の方に、入社してから後悔させることはないと言われたことが心強かった

  • 就活生に対する態度から、入社後も自分を大切にしてくれそうだと感じたため

アクチュアリー

  • 社員の人柄と能力の高さと会社への誇り

  • 選考を通して本当に丁寧に自分の話を聞いてもらったことが響いた

  • お話した社員の方々が優秀だった

  • 社員の人柄の良さ、成長性、少数精鋭として挑戦できる環境

エリア総合職(総合コース)

  • 社員の方々の人の良さに触れ、社風を改めて実感したため

  • 会社や仕事に対する熱意を持っていて、かつ温かい方が多かったから

  • 内定をいただいた際、疑問や不安を取り除くためにとても親身になっていただいた

  • 選考前に人事の方が毎回声をかけてくださり、丁寧なフィードバックがあったこと