検索

当社は、機関投資家として社会的責任を果たす中で進めている多様な投資案件への取組の一環として、ESG投融資*を行っております。今後も資産運用を通じて社会や環境により良い影響を及ぼし、社会全体の健全な発展に貢献してまいります。

* ESG投融資:環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に関する情報を考慮した投融資。

ESG投融資に対する基本的な考え⽅

ESG投融資を推進していくうえで、持続可能な社会への移⾏と運⽤収益の確保の両⽴を⽬指すことを基本的な考え⽅とします。
また、⽣命保険会社としての社会的責務をふまえ、資産特性に応じて環境・社会・ガバナンスの課題を考慮した資産運⽤を⾏い、環境や地域・社会と共⽣し、経済・企業の安定的な成長と社会的価値の調和的な発展を⽬指します。

ESG投融資の⼿法

当社は、ESGテーマ投融資や投融資検討におけるESG要素の組み込み(インテグレーション)、投融資先との対話活動(エンゲージメント)等ESG投融資の⼿法について、資産特性に応じ最適な⼿法を選択することとし、ESG課題を運⽤プロセスにおいて考慮するように努めます。
また、投融資先との対話に際しては、必要に応じ、ESG課題をテーマとした対話の実⾏やESG課題を含む⾮財務情報の開⽰等を求めます。

○インテグレーション

株式や債券、融資の各運用プロセスにおいて、企業のESG等の非財務情報を考慮しています。

○エンゲージメント

スチュワードシップ活動において、株式や債券の投資先企業との環境・社会の要素も考慮に入れた建設的な対話に取り組むことで、中長期的な企業価値向上を促し、その果実を株主還元や株価上昇、社債の安定的な元利償還といった形で享受し、運用収益の拡大に繋げるとともに、「安心・安全で持続可能な社会」の実現を目指します。
債券投資では、ESG課題をテーマとした対話に加え、投資機会の創出に向け、発行体へESG債等の発行の働きかけも行っています。

○ネガティブ・スクリーニング

生命保険事業の使命や公共性に鑑み、クラスター弾や生物兵器、対人地雷、化学兵器の製造を行っている企業に対する投融資を禁止しています。

○テーマ投融資

国際機関や企業等が発行する環境債(グリーンボンド)や社会貢献債(ソーシャルボンド)等への直接投資のほか、ESG投信への外部委託投資を行っており、2019年度末の投資残高は1,122億円となっています。

【主な投融資事例】

  • ・東京都が発行するグリーンボンドへの投資
    本債券は東京都が推進する「スマートエネルギー都市づくり」(都有施設の改築・改修)、気候変動への適応、生活環境の向上に関連した事業等に活用されるものです。
  • ・アジア開発銀行が発行するヘルス・ボンドへの投資
    本債券は開発途上加盟国における全般的な保健・医療サービス支援に加え、新型コロナウイルス感染症に係る保健・医療関連の支援にも活用されます。同行が挙げる優先課題の1つである「今なお残る貧困への対応と不平等の是正」に寄与するものです。

○環境に配慮した不動産投資

不動産投資では、主に既存物件の省エネ・省CO2対応等、環境に配慮した改装・工事を行っています。

国連責任投資原則(PRI) *への署名

当社は、2019年10月にPRIに署名しました。
PRIの実践を通じ、引き続き、ESG取組の強化を図り、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

  • * 持続可能な社会の実現を目的とし、機関投資家が環境、社会、ガバナンスの要素を投資の意思決定に組込むことを提唱する原則。
Signatory of:PRI