検索

当社は、機関投資家として社会的責任を果たす中で進めている多様な投資案件への取組の一環として、ESG投融資*を行っております。今後も資産運用を通じて社会や環境により良い影響を及ぼし、社会全体の健全な発展に貢献してまいります。

* ESG投融資:環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に関する情報を考慮した投融資。

ESG投融資に対する基本的な考え⽅

ESG投融資を推進していくうえで、持続可能な社会への移⾏と運⽤収益の確保の両⽴を⽬指すことを基本的な考え⽅とします。
また、⽣命保険会社としての社会的責務をふまえ、資産特性に応じて環境・社会・ガバナンスの課題を考慮した資産運⽤を⾏い、環境や地域・社会と共⽣し、世界経済・企業と安定的な成⻑を共有していくことを⽬指します。

ESG投融資の⼿法

当社は、ESGテーマ投融資や投融資検討におけるESG要素の組み込み(ESGインテグレーション)、エンゲージメント等ESG投融資の⼿法について、資産特性に応じ最適な⼿法を選択することとし、ESG課題を運⽤プロセスにおいて考慮するように努めます。
また、投融資先との対話に際しては、必要に応じ、ESG課題をテーマとした対話の実⾏やESG課題を含む⾮財務情報の開⽰等を求めます。

ESG投融資への取組み

以下のリンク先情報をご覧ください。