検索

継続治療後収入サポート給付金は、疾病や不慮の事故により、「入院」または「所定の在宅療養」が30日以上継続した場合にお支払いします。

お支払いの対象となる「所定の在宅療養」とは

<ご注意>

在宅患者診療・指導料の算定対象として列挙されている診療行為等を受けることなく、「単に自宅等で安静にしていた」という場合等は、「所定の在宅療養」には該当せず、継続治療後収入サポート給付金のお支払い対象となりません。

※在宅患者診療・指導料(往診料および救急搬送診療科を除く)の算定対象として列挙されている診療行為等(2019年1月現在)

平成30年医科診療報酬点数表-第2章特掲診療料-第2部在宅医療-第1節在宅患者診療・指導料

  • ・C001 在宅患者訪問診療料(Ⅰ)(1日につき)
  • ・C001-2 在宅患者訪問診療料(Ⅱ)(1日につき)
  • ・C002 在宅時医学総合管理料(月1回)
  • ・C002-2 施設入居時等医学総合管理料(月1回)
  • ・C003 在宅がん医療総合診療料(1日につき)
  • ・C005 在宅患者訪問看護・指導料(1日につき)
  • ・C005-1-2 同一建物居住者訪問看護・指導料(1日につき)
  • ・C005-2 在宅患者訪問点滴注射管理指導料(1週につき)
  • ・C006 在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料(1単位)
  • ・C007 訪問看護指示料
  • ・C007-2 介護職員等喀痰吸引等指示料
  • ・C008 在宅患者訪問薬剤管理指導料
  • ・C009 在宅患者訪問栄養食事指導料
  • ・C010 在宅患者連携指導料
  • ・C011 在宅患者緊急時等カンファレンス料
  • ・C012 在宅患者共同診療料
  • ・C013 在宅患者訪問褥瘡管理指導料